ギコ猫とモナー受難の記録

モナーの受難・のまネコ問題

モナー自身もギコ猫と同じく商標登録されかかったことがありますが…それはまたの機会にご紹介するとして、今回はのまネコ問題についてご紹介します。

「のまネコ問題」は「ギコ猫問題」の後に起こったものです。
ことの起こりは1つのフラッシュアニメでした。「わた」という一人のフラッシュ職人が、AAキャラを使って「恋のマイアヒ」という曲のフラッシュアニメを作成しました。本来ならば曲の無断使用ですのから、しかるべきところに見つかってしまえば厳重な注意をされるはずです。しかし、エイベックスはこのフラッシュが面白いと、発売予定だったこの曲のCDへの利用を切り出したのです。

そしてCDは大ヒット。封入されたPVフラッシュ(初期のものから新たに作り直されたもの)も有名になりました。そこでエイベックスはCDのヒットに乗じてPVキャラから「のまネコ」というキャラクターを作り、グッズ販売を開始。このグッズの展開・販売が2ちゃんねるユーザーから「これはモナーなどのAAキャラを使用し、独占的に利益を得ようとしているのではないか」と指摘され、反発が生まれたのです。

ここから先の展開が「ギコ猫問題」とは異なります。

こうした反発に対し、エイベックスは

「のまネコはモナーなどのアスキーアートにインスパイヤされて、新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものであって、モナーじゃない」

と主張したのです。ここに出てくる「インスパイヤ」という言葉、本来は「閃きを得る」などといった意味で使われる言葉ですが、ネット上では「パクリ」などの「盗作」のニュアンスで使われることがしばしばあります。ある意味スラング化?w

ちなみに…エイベックスのいう「のまネコ」というのは、キャラクター商品用に新たに(?)作られたネコを指し、PV用フラッシュの中で使われているネコは「のまネコ」ではないそうです。

ところが、実際に商品化されたグッズの数々はPVの中の「ネコ」を表現しているものばかり。エイベックスの主張に矛盾が生じます。もちろんこの定義の矛盾は叩かれ、問題はどんどん悪化の一途をたどることになるのです。

結局、最終的にはこのPVフラッシュの配布の中止、図表商標の登録出願の取り下げ・ロイヤリティーの収受をしないなどの措置をとってエイベックスは事態の収拾を図ろうとしました。

確かにこれでこの問題は収束に向かいます。しかし、わかりにくい説明に説明を重ね、さらにあれだけ共通点のあるものを「オリジナル」と主張したエイベックスの姿勢に対する疑問はいまだ残したままとなっています。

この問題で2ちゃんを中心としたネットユーザーの反発を買ったのは、エイベックスの「のまネコはオリジナルだ」という主張ではないでしょうか。

確かに最初は「利益を独占しようとしているのでは?」でした。
ですが、エイベックスがユーザーからの質問に回答するにつれ、「のまネコはオリジナルだから別に利益を独占しようとしてるんじゃない」という部分の「オリジナル」に論点が集中し、パクリ疑惑へと移行していったような気がします。

また、エイベックスの対応の悪さと矛盾しまくりな見解には怒りを通り越してもはや呆れるばかりではありますが、ネットユーザーも少々過敏になっているのかなともこの問題ではちょっと思いました。
現に騒動の最中、殺人予告をして捕まったおばかさんもいたわけですし…そんなことをしても事態が悪化するだけだとわからないくらい熱くなっていたのかなと。

ギコ猫をめぐるタカラとの問題の時と違い、この問題がすっきり解決しなかったのは、そういうさまざまな要素が重なったからではないでしょうか?

ご意見・ご感想こちらから